FC2ブログ
--年--月--日 (--) | スポンサー広告 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年07月17日 (火) | 桃酒 |
桃酒 0日(仕込み)

梅味噌も片が付いたし、1Lサイズの保存ビンも空いたし、またもや余計なモチベーションがじわじわと湧き上がってまいりました。
スーパーへ物色しに行くと、桃が安かったので買ってきましたよ。
4個で398円の白鳳、このうちの2個で桃酒を漬けてみようかと。

白鳳が安かったので買ってみた

材料
・桃300g
・氷砂糖150g
・ホワイトリカー540cc
・レモンの輪切り(皮なし)2/3個


作り方
1)桃を洗い、杏の種を取った時のようにひねって割って種を取る。
2)皮の端っこをつまんでピローっと剥き、保存ビンの口に合わせて実をカット。
3)種と実を軽くホワイトリカーにくぐらせてから、保存ビンの中に静かに入れる。
4)レモンの皮とワタの部分を剥いて、実を輪切りにする。
5)氷砂糖と輪切りのレモンを3の中に入れ、静かにホワイトリカーを注いでから密封し、冷暗所にて保管。


*桃は固めの物を選ぶと崩れにくい
*レモンは1ヶ月後、桃の実は1年後に引き上げる
*飲み頃は3ヶ月目以降からお好みで

*検索でたどり着いた『Growing』というサイトのレシピを参考にしてます

種を一緒に漬けようと思ったのですが、1個どうしても実から種が外れなくて難儀した挙句、包丁でえぐりとったら種が割れました。
中からツヤツヤした白い物登場。

種の中から出てきたコレは・・・仁?

いわゆる「仁」ってやつでしょうかね?
確信は無いけれど、この白い物の状態で投入してもOKな気がしたので、他の種も割って取り出して同様にして漬け込みました。

漬け込み直後のアップ

ああもう、中に漬かってる物がどれもこれも色が白っぽいので解り難い画像だなコリャ。

残りの桃は、皮をむいてそのまま食べました。
甘くて美味しかったので、これはこれで買って正解。
もったいないので、その時の種も仁を取り出し、桃酒に追加投入済み。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。