--年--月--日 (--) | スポンサー広告 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年06月11日 (月) | 梅酒・梅シロップ |
梅酒・梅シロップ 0日
(左奥が梅酒・右手前が梅シロップ)

雑誌『ku:nel』の梅仕事の記事を読んで火がついた梅熱が収まらないので、初めて梅仕事に手を出してみました。

●購入した物
・ku:nel 680円
・青梅(群馬産)1kg 599円
・青梅(埼玉県越生町産 白加賀)1kg 599円
・国産ノーワックス無農薬レモン1個 128円
・サクラ印はちみつ500g 558円
・ホワイトタカラ果実酒の季節1.8L紙パック 1180円
・ばら印氷砂糖1kg 299円
・アデリア梅ビン2L 2個 1360円

最初に買った群馬産の物にキズや痛みのある物がかなり混入してたので、もう1kg買い足し。
今回使った青梅は埼玉産をメインにし、状態の良い群馬産数個をミックス。

梅酒・梅シロップ用の青梅

綺麗な梅を梅酒用にし、傷等のある梅はナイフで傷を削って梅シロップ用へ。
基本の下準備をしてから、それぞれの以下の通りに漬け込んでみました。

■梅酒(瓶底から順に)
・氷砂糖400g
・青梅500g
・ホワイトリカー0.9~1リットル


*2ヶ月で飲めるが、半年~1年以上寝かす方が美味

■梅シロップ
・青梅500g
・氷砂糖600g
・レモン1個(むいた皮部分と輪切りにした実部分)
・シナモンスティック5本
・ホワイトリカー100cc弱(発酵の泡止め)
・はちみつ適当に最後に上からにょろにょろっと


*青梅と氷砂糖は交互になるように
*レモンは皮と実の間の白いワタ部分は使わない(苦味が出る)
*1日1~2回、ビンを揺すり、梅と氷砂糖を混ぜ合わせる
*3週間ほどで中身がきちんと馴染んで飲めるはず
*中身がきちんと馴染んだら梅は取り出し、シロップを加熱
*発酵してしまったら梅は取り出し、シロップを加熱
*取り出した梅はジャムにでも加工すると良い

今回、梅シロップは長尾智子さんのレシピとオーソドックスなレシピを参考にして、適当にアレンジしました。

■長尾智子さんのレシピ
・青梅250g
・はちみつ220cc
・レモン1/4個
・シナモンスティック2本

■基本の梅シロップ
・青梅500g
・氷砂糖500~800g
・ホワイトリカーor食酢50~100cc弱(発酵の泡止め)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。