--年--月--日 (--) | スポンサー広告 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年08月15日 (金) | 梅干の副産物を活用 |
塩をして一晩おいた状態

さて、塩をして冷蔵庫で一晩寝かせた千切り新生姜、次のステップへ進めます。

天日干しします

綺麗に洗って乾燥させておいたザルに、ホワイトリカーをスプレーして殺菌し、千切りの新生姜を並べて天日干しします。
天日干しすることで旨みが凝縮するかもという期待と、殺菌効果を得る為。

干からびかけてたので救出

午前10時から干し始めて12時半にチェックしたら、端の方から干からびかけてきていたので急いで救出。
結局2時間半で取り込みましたよ。

リカーで軽く洗って絞ります

殺菌を兼ねてリカーで軽く洗い、ギュッと絞っておきます。(絞り汁は捨てます)

煮沸殺菌済みのビンに詰めます

事前に煮沸殺菌して乾燥させておいたビンにリカーをスプレーし、その中に千切り新生姜を詰めます。

赤梅酢を注いで、ラップで落し蓋を

全体がきちんと浸るように赤梅酢を注ぎ、裏表にリカーでスプレーして殺菌したラップを落し蓋のように入れ、液面近くの新生姜が空気に触れないようにしてからフタをして密封します。

赤梅酢の色がしっかり移れば出来上がりかな。
自家製梅干を作った時の赤梅酢を使っている訳だから、梅から出たカルシウムやミネラルも新生姜に染み込んでくれるはず。
千切りではなく、皮を剥いて塊のままで漬ける場合は、中までしっかり色が移るのに1週間以上みた方が良さげですね。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。