--年--月--日 (--) | スポンサー広告 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年08月12日 (火) | 番外編 |
セミドライトマトのオリーブオイル漬け

ミニトマトがタイムセールで安く売られていたので、前々から簡単で美味しいと聞いて興味深々だった「セミドライトマト」を作ってみました。
保存のために、EXバージンオリーブオイルで漬けてます。

ミニトマト2パック分

今回使用したのは、スーパーで売っているミ二トマト2パック分。
これをヘタを取って綺麗に洗い、半分に切ってから切り口を上にしてザルに並べ、軽く塩をしてから天日干し。

天候の関係でここまで

天候の関係で結局3時間ほどしか天日干しできずに取り込むことに。
天日干しだけで仕上げる場合は、ピーカンで暑い日中を選んで良い具合に乾燥するまで干し続けるのですが、今回は切り口のフチが乾いてきた程度で1日目の干し具合としてもまだまだ中途半端なので、ここで方針変更します。

天板に並べてオーブンへ

天板にクッキングシートを敷き、そこにミニトマトを並べなおします。
最初からオーブンで作る場合は、この前にキッチンペーパーの上に切り口を下にして並べ、表面の水分を取っておきます。

100℃で2時間半

100℃のオーブンで2時間半、焦げないようにたまにチェックしながら水分を飛ばしていきます。
本来は1時間半から2時間ぐらいのようですが、その辺は水分の飛び具合の好みでオーブンの時間を調整してください。

出来上がり

かなり水分飛んだもののまだ多少は残ってますね、これで一応出来上がり。

かなり水分飛びました

水分が飛んだ分、果肉の部分が凝縮された感じになってますが、触ってカリカリという訳でもなく柔らかいです。
このまま口に放り込んで味見をしたら、思ったとおりトマトの旨味がぎゅぎゅっと濃縮された味。
これは美味い、美味すぎる、いくらでも食べられそうで危険。
トマトが苦手な夫をして「トマトケチャップみたい。濃い。でも美味い。」と言わしめる味でした。

果肉に水分が残っているので、このままで冷蔵庫で保存する場合はなるべく早めに食べきらないと痛みます。
もたせるにはEXバージンオイルで漬けて冷蔵庫に入れるか、このまま冷凍すると良いとか。
オイルのカロリーを気にするなら冷凍でしょうね。
解凍は自然解凍で大丈夫だと思います。

オイル漬けにする場合、にんにくやフレッシュハーブを一緒に漬け込むといろいろと楽しめるようですが、今回はオーソドックスにオイルのみで。
このオイルは、料理やドレッシング作りに使ったりすると風味が増すそうな。
セミドライトマトの方は、そのまま食べて良し、パスタにからめて良し、パンにはさんで良し、クラッカーにクリームチーズと一緒に乗せておつまみにして良し。
なかなか使えるヤツです。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。