--年--月--日 (--) | スポンサー広告 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年08月09日 (土) | 梅干の副産物を活用 |
赤紫蘇の「ゆかり」

土用干しスタートの日に取り分けた赤紫蘇を使って、赤紫蘇ふりかけ、いわゆる「ゆかり」を作ります。
赤梅干作りの嬉しい副産物なので、実は赤紫蘇を仕込んだ時から楽しみにしていたのでした。

まずは赤紫蘇をほぐしてザルに広げ、天日干しに。

しっとりウェット状態

冷蔵庫から出してきて広げたばかりなので、まだまだ赤紫蘇もウェットな状態。

かなり乾燥しました

朝9時から干し始めて15時まで放置、6時間の天日干しでかなり乾いて赤紫蘇がザルにパリパリ張り付いてます。

パリパリ

ザルからめくるようにして丁寧に剥がしていくと、重なっていた下の方や、上手く広げられずに塊のまま乗せた物なんかは、まだ少し湿ってる状態。

ネットに入れてぶら下げておきます

仕上げるにはきちんと乾燥させた方が良いので、洗濯ネット(この為に購入した物)に入れて吊り下げ、これより数日天日干しを繰り返します。
日が陰っている時や日が落ちてからは室内でぶらさげておきました。
後日きちっと乾燥したら仕上げの加工をします。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。