--年--月--日 (--) | スポンサー広告 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年07月13日 (日) | プラムのジャム・コンポート |
大石プラムのコンポート

ジャムにしたプラムとは別に、昨日出来心で1パック298円の大石プラムを購入。
こちらは一回り実が大きいので、一晩追熟させてコンポートにする事にしました。

■材料
・大石早生プラム 720g
・砂糖 150g←実はヨーグルトに付いてた砂糖(これでやっと使い切った)
・水 750cc


*「プラム500g・砂糖100g・水500cc」を分量のベースにしてます

1パックで720g分


■作り方
プラムの皮を剥きます。(湯剥きが上手くいかなかったので包丁で剥いた)
皮を剥きます

剥いた皮を、お茶パックに詰めます。(コレは別にやらなくてもいいです)
皮をお茶パックに詰めます

水・砂糖・プラムの皮を鍋に入れて火にかけます。
水・砂糖・プラムの皮を鍋に入れて火にかけます

砂糖が溶けたらプラムを鍋に投入し、弱火で5分程。
プラムを鍋に投入

器に移して粗熱をとり、ラップをして冷蔵庫で寝かせる。
出来上がり


うっかり8分程火にかけたら、ちょっと外側がぐずぐずな感じになっちまいました。
火からおろして粗熱をとるまでにも熱が入ってしまうのを考慮に入れて、ちょっと早いかな?位で火からおろしす方が失敗しないかも。

出来たてをすぐに1つ食べてみたら想像以上に酸っぱかったので、とりあえず一晩冷蔵庫で寝かせて味を落ち着かせてみます。
梅の時杏の時も、寝かせた方がシロップが染みて美味しかったので。

プラムの皮は捨てずに一緒に煮ますが、ここから鮮やかな赤い色がシロップ液に移ります。
皮は別にお茶パックに入れないで直接鍋にドボンで問題ないです。
私は後で皮をいちいち除けて取り出すのが面倒だったのと、たまたま使ってないお茶パックがあったので使ってみただけなので。

煮ている時に菜ばしでお茶パックをぎゅうぎゅう絞ると、更に色付きが濃くなってきれいですが、場合によっては皮の渋みみたいなのが出るので無理はしない方が良いかも。
私はぎゅうぎゅうやっちまったクチなんですが。

このシロップ液に氷水を入れると、彩り鮮やかなプラムのジュースになりますよ。

シロップ液に氷水を入れるとプラムのジュースに

ひんやり甘くて程よい酸味の、夏らしいテイストの旬のジュース。
このシロップでゼリーを作っても美味しそう。
なんとも嬉しい副産物。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。