FC2ブログ
--年--月--日 (--) | スポンサー広告 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年07月05日 (土) | 梅干 |
2008年 梅干 0日(塩漬け仕込み)

さて、近所のスーパーで良い状態の南高梅を見かけなくなってしまい、値崩れをまって安く買おうとケチケチした結果買いそびれて終わるのかと後悔てんこもりな今日この頃。
普段行かないスーパーで運良く状態の良い南高梅を見つけられたので、今年も梅干作りにチャレンジ。

■材料
・追熟させ、黄熟した南高梅1.5kg
・塩(五島灘の塩)220g(塩分15%くらい)
・ホワイトリカー1/2カップ(100cc)


■作り方
2007年の塩漬け仕込み作業とまったく同じで、今回も漬物袋で漬けてます。

●今回購入した物
・トンボ漬物石(2.5kg)598円
和歌山県JAみなべいなみ南高梅2Lサイズ2kg 1760円(@880)

一番上の画像だと解りにくいのですが、1.5kgの2Lサイズ南高梅はこれぐらい。

これだけ漬けました

南高梅は7月3日に購入し、室内でザルに広げて風を通しながら追熟させてます。
今回は追熟の経過も画像に残しておきました。
7月4日に今年初の真夏日を向かえ、一気に黄熟スピードが上がったような気が。

追熟開始:7月3日・日中最高室温29℃(梅味噌の追加分へ)
追熟初日

翌日:7月4日・日中最高室温34℃(梅の蜂蜜漬けへ)
追熟2日

翌々日:7月5日・日中最高室温35℃(梅干へ)
追熟3日

去年の梅干の中には、干しあがりでちょっと固めの物が数個混じっていたので、黄熟具合を去年よりも進ませました。
その分、失敗のリスクも付いてくるかもしれないので、管理をしっかりせねば。
ちなみに、今回は1.5kgの梅に対して総重量約4.3kg分の重石をかけてます。

上白糖1kgと、
まずは上白糖1kg

漬物石2.5kgと、
専用の重石を置いて

氷砂糖使いかけ分0.8kgを乗せて、ラップで封印。
更に重石になるものを置いて、ラップを張ってみた

この「ラップで封印」は別にやらなくてもいいんじゃないかとも思いますが、なんとなく保険をかけた感じで。
氷砂糖の袋を乗っけてますが、これは袋の上からリカーで殺菌した清潔なビニールで包んである状態。
この分の重さは無くても良いような気もしてるので、後日梅酢の上がり具合を見ながら調整するつもり。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。