--年--月--日 (--) | スポンサー広告 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年06月06日 (金) | ソルダム酒 |
ソルダム酒 仕上げ

2007年7月24日に漬けたソルダム酒、「実が崩れてきたら引き上げて濾す」と書きましたが、やけに実がしっかりしていて、将来的に崩れる気配が微塵も感じられないので、もういいやと引き上げました。
まあ、要は桃酒の仕上げ同様に、容器を空けたかっただけなんです。ハイ。

これが漬けて10ヶ月半後、実の状態なんかは、漬けて2ヶ月後からたいして変わってないみたい。

約10ヶ月半後の状態

リカーの色合いは、以前のような鮮やかな赤ではなく、若干褐色交じりに変化したように見えるけど、どうだろ?気のせいかな?

こちらが引き上げたソルダムの実ですが、ソルダム酒のお裾分け用の小瓶に4個分けたので残りは5個。
これでジャムを作る予定ですが、後日に回すため容器に入れて冷蔵庫へ。

実を引き上げました

残ったリカーは、桃酒とは違ってまったくもってクリアな状態だったので、そのまま殺菌した漏斗で便に移し変え。
フタに仕込んだ日付の覚書を貼って、冷暗所にて保管します。

覚書を貼って、冷暗所にて保管

ちょっぴり味見しましたが、桃酒のような印象的な仕上がりではなく、少し酸味がある感じ。
ほんの少し甘い感じの香りがするものの、どちらかというと梅酒寄りの酸味のある香りかなあ。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。