FC2ブログ
--年--月--日 (--) | スポンサー広告 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年06月21日 (木) | 梅のジャム・コンポート |
保存瓶に入れて冷蔵庫に保管

今回購入していた2kgの南高梅のうち、比較的綺麗な物をピックアップしてコンポートにしました。

比較的綺麗な南高梅を水に浸して下準備

■材料
・追熟梅680g
・砂糖400g
・はちみつ70cc
・水820cc


■作り方
1)鍋に沸騰させた水に、砂糖とはちみつを煮溶かす
2)梅の実を入れて、キッチンペーパーの落し蓋をした状態で弱火で10分程煮る
3)火を止めて粗熱が取れたら、ホーローやガラス製の清潔な容器に梅の実を取り出す
4)シロップだけを更に15分程弱火で煮詰める
5)梅と一緒にシロップも保存容器に移し、フタをして粗熱が取れたら冷蔵庫で保存
6)冷蔵庫で寝かせて5~7日程で食べごろ

作り方は『ku:nel』の長尾智子さんのレシピを参考にしてます。
その基本の分量は以下の通り。

■完熟梅のコンポート
・完熟梅1kg
・グラニュー糖600g
・はちみつ100cc
・水1.2L

今回は初めに梅有りきだったので、梅の分量に合わせた比率で他の材料の量を決めてます。
ちなみに、樹上で熟してから収穫した物が『完熟』、収穫された物を放置して熟させたのが『追熟』という認識。

追熟南高梅のコンポート完成

何個か煮ている時に皮に裂け目が入ったりしましたが、概ね綺麗にできたので満足満足。
ふっくらぷりんとした風貌が何とも可愛い。

綺麗にできた物は、一番上の画像の通り保存瓶へ。
皮に裂け目が入った物は、こちらから先に食べるつもりなのでタッパーへ。

皮の破れちゃった分はタッパーへ

あまりに可愛らしく、美味しそうだったので1個つまみ食いし、更にシロップを炭酸水で割って飲みました。
(実はこの時点では、冷蔵庫で寝かせた方がいい事は知らなかったので)

コンポートはまだまだ味が尖っていて美味しくは食べられません。
それどころか、くらくら目眩が激しくなり貧血起こして具合悪くなりました。
気のせいも有ると思うんですが。
それでも相手は青酸毒を持つという梅の実なので、念の為牛乳を飲んで横になっときましたが。
数時間ほど眠ったら回復したので、大事に至らず一安心。
というか、本当に青酸毒にやられたら、牛乳ぐらいじゃ助からないと思うわけですが。

青梅の致死量は確か大人で300個以上とかだたっと思うので、ホント気のせいでしょうな。
それでも大騒ぎして、実家にメールした傍迷惑な私。
そして「生の梅の実食べるとお腹壊すよ」と、やたら冷静な母。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。