--年--月--日 (--) | スポンサー広告 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年07月27日 (金) | 杏酒 |
杏酒 21日後(3週間後)

1週間前に比べて、特に目立った変化があるようには見受けられない。
あ、強いて言うならば、頑固に浮いていた最後の1個の実が、とうとう力尽きて沈みました。

2007年07月27日 (金) | 梅干 |
梅干 21日後(塩漬け3週間後)

ここまでくると、もういつでも土用干しに入っても良い状態かな。
カビもつかず初めてにしては順調すぎて怖いくらい。
トラブルが発生しないうちに、梅雨明けしたらすぐにでも土用干しをして仕上げてしまいたい気持ち。
>> この記事の全文を読む
2007年07月26日 (木) | ソルダム酒 |
ソルダム酒 2日後

たった2日で、こんなにも美しい赤に染まってくるもんなんですね。
まるで赤ワインのような、神秘的で女性的な色に思わず見とれてしまう。
漬けた時のソルダムの皮は、赤というよりもグリーンだったのに。
このまま漬け続けていくと、もっと深くてこっくりした赤に熟成していくんだろうか。

こういうのを見ちゃうと、飲むかどうかは置いといても、やたらといろんな果実酒を作ってみたくなる。
問題は、自分がさほどお酒に強くないことか。

2007年07月25日 (水) | ソルダム酒 |
ソルダム酒 1日後(24時間後)

ホワイトリカーがほんのりと赤みを帯びてきたではないですか。
これは確かに綺麗だわな。
今後の発色具合への期待が膨らんで、ちょっとテンション上がってきた。

氷砂糖はほとんど溶けきってますが、小さなカスの様な大きさの物がほんの少し底に残ってたので揺すっておきました。
明日には確実に溶け切っている事でしょう。

2007年07月25日 (水) | 梅味噌 |
梅味噌を仕上げてから10日。
漬け込み期間中の苦労もありましたが、とりあえずは無事に仕上がって安心してたんですよ。
出来上がりをひと舐めしたら美味しかったし。

ぶつ切り胡瓜に合えたり、冷奴に塗ったり、鶏肉に塗って焼いてみたり、ご飯に乗せて食べてみたり・・・ところがどこかこう、何となく変で。
何となく舌が受け付けない。
香りがフルーティーすぎて料理と相性良くないのかもしれないけど。
そんな事思っているうちに、風味もぐんぐん落ちてきた。

で、結論。
>> この記事の全文を読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。