--年--月--日 (--) | スポンサー広告 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年08月30日 (土) | にぎやか梅酒 |
にぎやか梅酒 3ヶ月後(プラム追い漬け54日後)

梅は全部沈みました・・・と言いたい所ですが、なぜかまだ1個だけプカプカ。
プラムはみんな全く沈む気ないみたいで、これまた見事に全部水面をプカプカ。

リカーの色づきが良く、美味しそうな琥珀色になってきました。
蜂蜜の濁りが全く気にならない状態になってますね。
香りもかなり梅酒らしくなってきましたが、やはりプラムが入っているからか少し華やかな印象。
>> この記事の全文を読む
スポンサーサイト
2008年07月30日 (水) | にぎやか梅酒 |
梅プラム酒 2ヶ月後(プラム追い漬け23日後)

梅の実は3/4程が沈んで着底し、一方で大石プラムはまだプカプカしてます。
蜂蜜のせいで濁ってはいるものの、リカーも良い色出てきてますね。
ちなみに、去年漬けた梅酒は2ヶ月後には全部沈んでました
>> この記事の全文を読む
2008年07月08日 (火) | にぎやか梅酒 |
梅プラム酒 39日目(プラム追い漬け1日後)

さて、昨日追い漬けした大石早生プラムがどうなったかな?とチェックしたらば、梅がやや沈んで層に分かれてたのが面白かったので載せてみました。
プラムは果実酒に漬けたフルーツ特有の色の抜けが若干ありますが、それ以外には特に変化は無し。
>> この記事の全文を読む
2008年07月07日 (月) | にぎやか梅酒 |
梅酒 38日後→梅プラム酒へ 

血迷いました。
スーパーで見つけた大石早生プラムが可愛かったので買ってきて、今年漬け始めた梅酒にドボンと。
よって、これより梅酒ではなく梅プラム酒にバージョンチェンジし、カテゴリーも「にぎやか梅酒」に変更します。
(ここに至るまでの梅酒としての経過はこちら→123456

瓶の上の方を2/5も占める空間が勿体無い気がしてたのもあったんですよ。
あとは蜂蜜で濁ってしまってからダダ下がりだったテンションを上向きにすべく、景気づけの気持ちも。
>> この記事の全文を読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。